イベントレポート 2016.12.9

江東区砂町文化センターにて毎年12月に開催されているウィンターフェスティバル。子供向けの俳句講座「こども俳句塾」にて、「俳句×和綴じ」のコラボレーション講座を開催しました。

 

▪︎砂町文化センター「こども俳句塾」

芭蕉庵で知られる深川のある江東区では、芭蕉記念館のほか、ここ砂町文化センターには俳人・石田波郷記念館が併設しています。江東区の小学校では一年生から俳句を習い、文化センターでも俳句の応募、七夕俳句など、たくさんのこども俳句講座を開催しているそうです。

 

 

「俳句×本づくり」のコラボレーション講座を俳句の先生とともに参加させていただきました。和ということで、和綴じ俳句手帖をつくりました。はじめての俳句、俳句経験者、和綴じづくりは全員生まれてはじめての経験!それぞれに個性の光る俳句とオリジナルの和綴じ俳句手帖ができあがりました。

 

▪︎はじめての俳句づくり

まずは俳人・渡邊一二三先生による俳句づくり講座。声に出して俳句を読んでウォーミングアップをしてから、季語をクイズで学びます。みんなたくさんの俳句をつくっています。

 

 

▪︎はじめての和綴じに挑戦

一二三先生に俳句を添削してもらっている間に、和綴じ俳句手帖をつくります。好きな和紙と糸の色を選んでつくります。

 

針と糸を持つのもはじめての一年生の子達も、しっかりできあがりました。

最後はひとりひとり、先生からコメントをもらってのはじめてづくしの講座終了です。

 

▪︎つくりたての俳句をつくりたての俳句手帖に

残って自分の俳句をさっそく俳句手帖に書いてくれた子も!嬉しいです。

 

さらに!!ここで終わりではありません。
12月開催のイベントに合わせ、年賀状での俳句添削「おまけ俳句塾」も行いました。2017年の年賀状に俳句を書いて砂町文化センター宛に送ると、一二三先生から返事が届くというものです。2人の子が続けてくれて、どうもありがとうございました。送ってくれたお礼に和綴じをプレゼント!

 

参加してくれたみなさま、砂町文化センターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

 

「俳句×和綴じ」づくりというはじめての試み。アンケートで参加理由をきくと、俳句がつくりたくてきた子も、和綴じがつくりたくてきた子も、両方いました。最終的には両方への興味へとつながった結果をみて、本づくり×○○のコラボレーション講座の可能性を感じています。ぜひ何かコラボレーション企画のアイディアがあれば、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

 

〈開催日:12/9 場所・主催:江東区砂町文化センター〉

 

BLOG

お知らせイベントレポートブックストーリートラベルストーリー