イベントレポート 2017.8.9 up


大好きな街、江東区砂町。砂町文化センターのサマーフェスティバルの1日体験講座として、子供向けオリジナル本づくりワークショップ「木と木をつなぐ!古代の本・木簡づくりにチャレンジ」を開催しました。

 

▪︎オリジナル木簡づくりにチャレンジ!

午前中にもかかわらず、たくさんの子供達が参加してくれました。
まずは木と木をつないで木簡をつくってから、筆ペンで自由に本の中身を書いてもらいます。

 

 

実にバラエティあふれる完成作品の数々!

そばっち、

 

 

好きなアーティストの歌詞、

 

 

落語の根多帳、

 

 

図鑑の1ページ、

 

 

ももたろう、

 

 

ほかにも流行りのミニオンや漢字タペストリー、6年生の目標などなど、とってもキュートな絵や新しいアイディアの木簡たち。みんな本当に素敵な本をつくってくれて、感激しました。

 

▪︎本づくりを通して学べる日常のこと


今回の木簡づくりで低学年の子供たちは、ヒモの結び方、筆ペンデビューも果たしました。4回同じ結び方をするので、最初は手伝ってもらいながら、ついに感動の「初結び」の瞬間!

「これで靴紐結べるからサッカーができるな!」と喜ぶお父さんも。

本づくりの中にはいろいろな要素が含まれています。
「書く」「結ぶ」「綴じる」「針を使う」「切る」「折る」「貼る」「編集する」「数える」「測る」「穴をあける」「線を引く」・・・つくる本の種類によって組み合わせが異なり、今回の木簡づくりはこのうち5つを使いました。

本づくりを通して学んだことが、日常生活でも活躍しますように!

 

参加してくれた皆様、木簡づくりというユニークな講座をやろう!と言ってくれた砂町文化センターの皆様、ありがとうございました。

 

▪︎おまけ

この日、嬉しいことがありました。
去年の冬に同じく砂町で行った俳句×和綴じ講座「こども俳句塾」に来てくれた子が、再び参加してくれたのです。嬉しい報告付きで。

その報告とは・・・

 

 

春の俳句大会で入賞したとのこと!入賞俳句と手作りのストラップをプレゼントしてくれました。俳句は別の先生が教えたのですが(→前回の講座)、おめでとうございます!もらったストラップはさっそく携帯につけています。将棋の駒と「もやしもん」。渋くて気に入っています。ありがとう。

 

〜オリジナル本づくりが誰でもできる「木簡キット」オンラインショップにて新発売〜

説明書に従って、誰でも簡単に本格的な本をつくることができます。好きな文字や絵を書けば、世界で1冊のオリジナルブックの完成!1人1枚メッセージを書いたよせがき、お子さまの自由工作・自由研究のまとめにもおすすめです。

ONLINE SHOP
https://macobookshop.stores.jp/
[木簡キット(7枚入):税込¥646|木簡用板のみ(12枚入):税込¥972]

 

 

〈開催日:8/5 場所・主催:江東区砂町文化センター〉

 

BLOG

お知らせイベントレポートブックストーリートラベルストーリー