previous arrow
next arrow
Slider

イベントレポート 2018.12.17 up

 

八王子市立由木西小学校では、年間を通して学校林をいかしたユニークな教育が実践されています。自然観察の講師は長池公園・副園長の小林健人先生、私はものづくり&表現の部分を担当しています。

12月のテーマは木の実・草の種。

学校林で実や種を探して、手触りや色の特徴を観察&考察。スギ、アオキ、ドングリ、リュウノタマ、クリなどなど、20種類以上見つけた班も!観察が終わったら、オリジナル標本箱づくり。名前のわからない実や種にはオリジナルの名前をつけてくれてました。「毛皮」「梅干し」「紙」、なかにはんぐりの帽子とリュウノタマを合わせて「ドングリーン」という新しい実を作り出してくれたところも。収集した情報を考察・整理して形にする、これもひとつの編集ですね!名前がわかったら、さらに書き足すこともできます。

年内最後の外部ワークショップ、ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。


由木西レンジャー
「自然観察×実と種の標本箱づくり」

開催日   :2018年12月5日
主催/場所:八王子市立由木西小学校
講 師   :小林健人(長池公園副園長)/孝本真由子(macobook works)

 

BLOG

お知らせ
イベントレポート
ブックストーリー

 instagram